満員電車考察

小池都知事が、満員電車ゼロという公約を掲げていました。電車を2階だてにするということより、違う視点で取り組んだほうが、実現できる可能性は高いと思いますが!

満員電車が大変ということはいうもまでもありませんが、この時期(冬場)は、人と人との距離が近く、不特定多数の方が電車に乗るので、風邪やインフルエンザの心配はつきません。

ある親子がホームでこんな会話をしていました。

ホームの手すりに子供が触り・・・

母親
どこの誰が、触っているのかわからないんだから、さわっちゃだめ、インフルになるよ

おおきな声でこのようなことを言っていました。うん!そのとおりと納得していました。

電車内では、要マスクです!

満員電車では、人の顔が目の前にきますからね!

壁ドン状態!!

おじさん同士で壁ドンでもドキドキはしませんよね・・・。

おじさん達の咳ばらいや女性が髪をかきわける動作が、電車内では特に気になってしまいます。
髪についたウイルスたちが蔓延するじゃないか・・・
咳が出るならマスクしてくれ・・・
携帯をすっごい目の前でいじらないでくれ・・・
と心の声が叫んでいます。

満員電車の中では、風邪やインフルになる確率はかなり高いと感じます。それ相応の対応策が必要ですね!

こちらの記事も参照して下さい。

風邪をひかない方法!!それぞれの行為に意識をもつことが大切!

2017.10.16

スムーズな乗り降りやトラブルを避ける為には、位置どりや座る席など、車内全体を見て、考えるのが良いと思います。
すぐに降りる場合は、どちらのドアが開くのか把握して、位置どりをすると良いと思います。奥のほうに行ってしまうとなかなか降りれません。

また、つり革や捕まれる場所を意識し、基本優先席付近は、私は行きません。トラブルが起きやすい場所でもありますし・・・。
また、座れたとしても、端の席もあまり座らないようにしています。立っている人がもたれかかってきたり、荷物が顔にあたったりするからです。ただ、混んでいる車内では、目の前の席が空いたら座るのが鉄則ですよね!

足を組んでいる人。
大柄な人。
本格的に寝ている人。
座る姿勢が悪い人。

このような人がいたら、なるべく離れます。
まあ満員電車で、動くことすら大変ですが、少しでも離れる努力はします。

どこにトラブルが発生するかわかりませんからね!!

電車ってつかれますね(笑)



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住 運動と食に興味があります。 健康的に生活していますが、ファーストフードも好きです。