砂糖制限3か月の軌跡

今年の3月から6月まで砂糖を制限していました。

 

なぜそんなことをしていたのか・・・。

 

ダイエットとか、特別深い意味はないんです。

 

ただ、砂糖はなるべく控えたいなと思っていたので、いっそのこと辞めてみようと試みました。

普段からお菓子やジュースはあまり摂らないんですが、甘いものは、わりと好きなほうです。

砂糖は中毒性があるそうなんです。

 

この3か月間どのような食生活を送っていたのか報告します。

 

当然のことながら、お菓子類、ジュースは一切とっていませんでした。

コーヒーがわりとすきですが、ブラックで飲んでました。

料理では、蜂蜜を使用して調理していました。卵焼きも蜂蜜使用!

自分で意図的に砂糖を摂ることは避けていました。

たまに会社で、差し入れで、お菓子やたい焼きなどを進められたときは、毎回断っていました。

ただ、砂糖はとりませんが、果物をとったり、炭水化物をとったりはしていました。

 

甘いものをとると、それが習慣になって、毎日摂取したくなります。

例えば、甘いコーヒーを飲んでいると、毎日飲みたくなります。

アイスを続けて食べると、毎日食べたくなります。

お菓子なんかもそうです。

 

しかし、この生活を続けていて、変わったことといえば、甘いものは好きですが、なければないで、全然我慢はできます。

 

体がそういう風になっていくんです。
 
インターネットでは、砂糖制限すると、イライラしにくくなるなどと言われていますが、それに関しては、あまりかわらないような気がしました。

そして・・・

 

3か月経ったら甘いものを食べようと決めていました。

 

7月にひさしぶりに口にしたのは、おいしいと評判のたい焼きです。

 

今までは、何も意識せずに口にいれ、なんとなく食べて、「おいしかった」で終わりますが、

 

そのとき食べたたい焼きは・・・

すっごくおいしかったんです

もちろん久しぶりに食べたのもありますが(笑)

一口一口を、大事に食べていました。

健康にきをつかって食事制限をすることは特別悪いことだとは思いませんが、それが過剰になりすぎるとかえって、偏った食生活になってしまいました。

適度な摂生が一番ですね。

現在は、砂糖制限は終了しました。

たまに甘いものも食べています!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住 運動と食に興味があります。 健康的に生活していますが、ファーストフードも好きです。 週末は食べ歩き、平日は自炊で質素な食生活を送っています。