世の中いろんな人がいます。そんな中で山の手線で出会った強烈すぎる4人を紹介します。

 

異臭を放つおじさん
山の手線の電車内でのことです。電車に乗った瞬間とてつもない異臭がしました。薬品的であり、殺人的な異臭です。これはなんだと思い目をむけたところによれよれのスウェットを着て、鼻にティッシュを詰め込みホームレス的なおじさんが座っていました。そのおじさんの周りには誰も座ってなくて、明らかにそこから臭いはきています。その臭いが強烈で、電車1両その臭いで充満していました。かなり離れていてもその臭いは薄れることなく、その電車はみんなソワソワしており、異様な空間でした。ハンカチで口をおおう中年のおじさんもいれば、すぐに電車を降りる方や、そこから急いで離れていく人達、ただ臭いだけならなんとかなりますが、なんというか異常な臭いなんです。なんでこんな臭いがおじさんから・・・とそんな異臭でした。あいにくそんなに電車内は混んでいなかったので、ドアが開くところに移動し、電車が停車する度に、開くドアから外の空気をめいいっぱい吸っていました。電車って駅に停車する以外は窓もあかないから、よけいに異臭が充満するんだなと思いました。無事に目的地に着いた時は、生きててよかったと安堵しました。

 

朝から刺激的なハードゲイ風な男
通勤の時に出くわした男の話です。朝ホームに向かう為、エスカレータにのっていると、前にのった男が、Tバックのパンツではないですか・・・ズボンとかはいてないんです。「えー」と思い何度か目を疑いました。上はタンクトップで両腕にはタトゥーが入っており、サングラスにモヒカン風。がたいが良く色黒。なぜかリズムにのっているようで、奇抜すぎる格好で、何度か確認はしましたが、じっとみると危ないので、少し離れていました。なぜにパンツ一丁?そしてTバックなのか?やばすぎる。普通にその人は電車にのり、一駅で降りていきました。怖~!!

だよ

 

こんな場所に寝ちゃうのおじさん
これも通勤時、朝の出来事です。よく酔っぱらって道路などに寝てるおじさんは良くみかけますが、今回は、山手線ホームで、ホームの電車の乗り降りするすぐ前でおじさんは寝ていました。なぜこんな場所に・・・。そして危ないよおじさん。電車を待っているすぐ横におじさんが寝ているという異様な光景。電車って結構な音がするんですけど、電車やアナウンスが流れてもまったく起きる気配なし。逆にすごいよあんた。

 

ボーカルおじさん
山手線の車内にいたおじさんです。そのおじさんは見た目は60くらいで、酔って陽気になっていました。朝から陽気になってるなんて・・・席の向かいの方に「よっぱらいのそばに座るなんてめんどくさいだろ」と若者に話しかけていました。若者は「はいめんどくさいです」と律儀に話していました。「おれのボイスを聞かせてやる」と言いながら、日本語なのか、英語なのか不思議な歌を歌いだしました。「俺のボイスはもう聞けないぞ」といいながら・・・そのおじさんは、立ち上がり、外国の方にも英語で話しかけており、「ここは日本なのか?」と質問したあと、窓の外をみて「This is Japan」と叫んでいました。酔っ払いは時々いますが、このおじさんは、一言一言が面白く、朝から笑顔になってしまいました。

以上、山手線で出会った強烈な人達でした。世の中では、想像もつかないことがたくさんあります。そして色々な人がいます。なぜそのようなことになるのか想像してみるのも楽しいかもしれません。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

会社員or個人投資家 運動と食に興味があります。 健康的に生活していますが、ファーストフードも好きです。 週末は食べ歩き、平日は自炊で質素な食生活を送っています。