[/aside]アップルウォッチseries3ナイキモデルを購入しました。

アップルウォッチがほしいなと思い、色々調べたり、店頭で見たりしましたが、何を基準で選ぶかによって買うものは決まってくると思います。選ぶポイントや、便利なことを簡単にまとめてみました。

GPSモデルとcellularモデル

まず最初に悩むのが、2つのモデルでどちらにしようか迷うところです。

cellularモデルは、各キャリアで、月額料金が掛かり、アップルウォッチ単体で、電話ができたりします。購入料金も高いです。ランニング等で、アップルウォッチのみで、外出することが多い方は、cellularモデルが重宝するのではないでしょうか。アイフォンを持ち歩かなくても、アップルウォッチ単体で、アイフォンが手元で使えると考えるとわかりやすいかもしれないです。

GPSモデルでは、アイフォンが近くにあれば、手元で、アイフォンが操作できるということです。基本、外出時は、アイフォンも一緒にもっていくので、私は、このGPSモデルを選びました。GPSモデルは4万円で購入できます。

画面の大きさ38ミリか42ミリか

これは実際に、見た方がいいです。42ミリの方が、大きくて操作もしやすいですが、個人的には、38ミリの方がすっきりしてスタイリッシュな感じだったので、38ミリを選びました。スーツにも38ミリが合うかと思います。42ミリは存在感はあります。アップルウォッチしてますよ!みたいな・・・。

アップルウォッチで便利なこと

いろんなことができますが、自分自身が使って便利なことを紹介します。

・モバイルSuicaが便利
→アイフォンでモバイルSuicaを利用していましたが、バッグに入れている場合は、わざわざアイフォンを出さなくても、アップルウォッチで、
Suicaが使えます。左腕だと改札は逆向きになりますが!

・Evernote
→メモを気軽にとれるアプリです。アイフォンでメモをとり、外出時に、確認できるので、便利でる。買い物や、仕事の要件等、さくっと確認できるのがいいです。

・ライフ管理
元々入っている機能でも、脈拍やカロリー等活動量計の機能を利用できます。ランニングや健康に気をつけている人は、自分自身の身体の状態が常にわかるので、気軽に確認できて便利だと思います。

・画面が豊富
画面が気軽に選べるので、アナログ表示やデジタル、その日の気分によって変更できます。また、画面のカスタマイズもできるので、表示に必要なことを表示させるようにすれば、より便利だと思います。

・ベルト交換が容易
ベルト交換が容易なので、ビジネス用、オフ用など、ベルトを用意しておけば、いろんなパターンを楽しめます。純正のものは高いので、アマゾンなどで、安いものと幾つか用意して楽しむのがおススメです。

・手元で更新情報を確認できる
メールやライン等、通知したいものを設定すれば、手元で確認できます。すぐにアイフォンを見れないときなどに確認できるのは、利点ではないでしょうか。

・Siri
アップルウォッチでは、Siriがとても使いやすいです。声をかけるだけで、すぐにSiriが起動され、音声の反応も良いです。手に何ももたなくても、活用できます。

充電について

やはり、充電はどのくらい持つのかは、気になるところです。使い方にもよりますが、ずっと画面をいじるわけではないので、1日は充電はもちます。毎日フルに充電して、出かければ安心です。もしもの時に備えて、モバイルバッテリーがあるといいですが、意外に高いです。ちなみに充電器は、磁石でくっつけて充電するタイプです。

さいごに
今年は、series4が発売されるかもしれませんので、新しいものがでてから購入するのもいいと思います。安い買い物ではないので、ご自身の生活スタイルや、好み等から、直接見るのが一番です。アップルの店員さんに聞けば、とても親切に教えてくれますので、わからないことは、買う前に解決してから購入して下さい。アップル製品はとてもスタイリッシュでかっこいいですね!!自分なりに使用頻度の高いアプリを手元で、操作してみると、可能性が広がると思います。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

会社員or個人投資家 運動と食に興味があります。 健康的に生活していますが、ファーストフードも好きです。 週末は食べ歩き、平日は自炊で質素な食生活を送っています。